ワンランク上の家具付き賃貸 芦屋駅徒歩1分 サービスアパートメント
資料請求・お問合せ English
お電話でのお問合せはマエダ不動産まで
078-858-0810
受付時間 9:30-17:30

ミミロッコMENU

ワンランク上の家具付き賃貸 芦屋駅徒歩1分 サービスアパートメント

物件に関するお問合せはマエダ不動産まで
078-858-0810
受付時間 9:30-17:30

ミミロッココンシェルジュ
0797-32-3365
受付時間 8:00-21:00

お客様の声 お客様の声
お客様の

R.A 様

私達夫婦がミミロッコを初めて知ったのは8年前のことです。海外在住なものですから、それまでは帰国の度に東京のサービスアパートメントを利用していました。7、8箇所をトライして、中にはかなり気に入って3度続けて滞在した所もありました。

それが、ある時、一度は関西にという軽い気持ちでミミロッコを訪れた時から、私達のライフスタイルが変わってしまいました。この素敵なお宿に出会った時の衝撃と、ひと月後に去らなければならなかった時の後ろ髪を引かれる思いは、今でも鮮明に覚えています。

ひと月の快適な滞在を提供してくれるサービスアパートメントは他にもたくさんあると思います。でも、人生をこんなにまで豊かにしてくれる場所があるとは思ってもみませんでした。もう私達は東京には戻れなくなってしまい、帰国の度にこちらに「住まわせて」いただいています。

ゆったりしたお部屋や抜群のロケーションというのはもちろん魅力的ですが、何より素晴らしいのはスタッフの皆様のお心遣いです。ここを「日本の我が家」と感じさせてもらえる喜びです。

この我が家に年に2度戻れるようにと、夫は欧州出張の多かった仕事の内容を見直し、春と秋をフリーにしてくれました。まさしく、ライフスタイルが変わってしまったのです。そして、私は、そんな特別な隠れ家に出会えたことを一生の宝だと思っています。

M 様

ミミロッコでのエピソード

七夕の思い出

ある入居者様がミミロッコの七夕の短冊にお願い事を書いたら叶いました。その話を他の入居者様に話したところ、翌年その方のお願い事もなんと叶いました!

転勤前の最後のご滞在

長年入居されていた方が、お子様の学校事情で学校近くに転居されたのですが、海外転勤が決まった時に、最後の1週間をミミロッコに滞在してからご出発されました。
家に帰って来た気分だと言ってくださった事と、スタッフ皆で送り出せた事がとても嬉しかったです。

再入居されたご家族

ご都合で、転居された御家族が、お母様がご病気を煩われ、当館へ帰って来ることを希望され、本当に帰って来てくださいました。

赤ちゃんを伴ってのご挨拶

少ししか入居されていなかったご夫婦の方が、近くに来ると顔を見せに来てくださるのですが、先日赤ちゃんを連れて遊びに来てくださいました。

ミミロッコの不思議な力

ご病気を患ったリピータのご入居者様が、当館に来たら元気になると仰って、本当にご出発前には顔色も良くなられてお元気になって帰られました。ここには不思議な力があるといつも仰ってくださいます。

館内引っ越し

契約が切れるので、引越しを考えていらっしゃった入居者様が、当館での別の部屋への引越しを決められました。その時に、ここのサービスとスタッフをとても気に入っていて、他の所への引越しは考えられなかったと仰ってくださいました。

お夜食

私が夜フロント勤務をしている時にいつも、お腹すいていない?と、お夜食を持ってきてくださったお客様がいらっしゃいました。

元ご入居者さま

近くの市場兼スーパーを案内してあげたらとても気に入ったEさん。今では私以上にお店の人たちと仲良くしている常連さんです。

長いお付き合い

引っ越ししてからどんなに時間が経っても、皆様芦屋にお立ち寄りの際は必ず私たちに会いに来てくださいます。そんなミミロッコのスタッフであることを誇りに思います。

歴史の点滅

冬になると、こたつに入って手が黄色くなるまで食べてしまうミカン。日本の風物詩である。そのミカンが、当館主催の入居者忘年会で、歴史の一点を照らし出す出来事がありました。

ご入居のイギリス人ご夫妻がミカンを見て発したが言葉、”Oh, Satsuma”!.

何のことか分からず、きょとんとする日本人スタッフ一同。

話を聞くと、イギリスではクリスマスの頃になるとこのミカンを良く目にし”Satsuma”と呼んでいるとのこと。なぜ”satsuma”なのか? スタッフ一同調べにかかる。すると、幕末の薩摩藩とイギリスが点滅する。「幕末期に薩英同盟が結ばれた折、友好の証として、薩摩藩から英国に苗が送られた事に由来する」とのこと。入居者とさらなる国際親善を深める忘年会となりました。

先般、プライベートで鹿児島を旅行したとき、島津藩主の別邸「仙巌園」に柑橘類の樹木があり、何とその一つに“Satsuma”と記されたものがありました!

ご出立の際の思い出

長期のご入居者さまが退去される日、勤務のあるなしに拘わらずお別れの挨拶をして気持ちを込めてお見送りしたい一心で、スタッフが全員最後にご出立に集まりました。ご入居者さまに大変喜んでいただき感動的なご出立となりました。

グリーティングカードと交流

クリスマスはグリーティングカードと共にオーナーからのプレゼントをお贈りするが、それを毎年楽しみにしてくださっているご入居者さまが多く、ご家族の近況報告の詰まったクリスマスカードを送ってくださる元ご入居者さまもたくさんいらっしゃいます。

入居者イベント

春と秋にはご入居者さま向けイベントとしてガーデンパーティーやバーベキューを開催し、ご入居者さま及びテナントの方々の交流、親睦を深める場となっています。いつも予定の終了時間をこえて楽しいだんらんのひとときが続いています。

家族・友人感覚

ミミロッコのスタッフを家族のように思ってくださり、近くで災害などが起きた際ニュースを聞いて心配してくださる元ご入居者さま(含リピーター)が沢山いてくださり大変ありがたいです。

お手伝い

海外からのご入居者さまが買い物をされる際、日本語のみの対応の店舗にはスタッフも同行して買い物の手伝いを行う事もありますが、家電製品や寝具などを購入される際、ご入居者さまの要望を伝え、大変喜んでいただけました。

マネージャーからのエピソード

毎年春と秋の2回1ヵ月間滞在されるリピーターの方が、ある年のご到着時に生憎雨降りの日にあたってしまいました。その折に時間を見計らってスタッフが傘を持ってJR芦屋駅にお迎えにいったところ大そうお喜びいただいたそうです。

お客様の声 お客様の声