神戸芦屋のサービスアパートメントMIMILOCCO(ミミロッコ)
資料請求・お問合せ English
お電話でのお問合せはマエダ不動産まで
078-858-0810
受付時間 9:30-17:30

ミミロッコMENU

  1. 神戸芦屋のサービスアパートメントMIMILOCCO(ミミロッコ)
  2. >
  3. コラム
  4. >
  5. 芦屋の人気観光スポット徹底解説!施設・自然・グルメ・買い物
お知らせ お知らせ

ミミロッコ

コラム

2022.11.09

芦屋の人気観光スポット徹底解説!施設・自然・グルメ・買い物

芦屋市は高級住宅街というイメージが強いかもしれませんが、実は観光できるスポットもたくさんあるんです。

モダンな和洋折衷が楽しめる施設から、雄大な自然まで見どころが揃っています。

グルメも歴史が感じられるお店が多く、中には芦屋から全国に広がった有名店もあります。

お買い物も楽しめるスポットも芦屋ならではのお店が充実しているので、一風変わったショッピングも楽しめるはず。

しやワーケーション、お仕事などで芦屋に滞在するご予定がある方の参考になれば幸いです。

本コラムでは快適に滞在できるサービスアパートメントについてもご紹介しているので、お引越

 

1.芦屋で人気の観光スポット!芦屋ゆかりの施設

芦屋には阪神間モダニズムの香りが残る、近代名建築が数多く残っています。

まずは、有名人や文化人が愛した美しいモダン建築と時代の軌跡を味わえるおすすめの施設についてご紹介します。

1-1.ヨドコウ迎賓館

芦屋の小高い丘の上にあるヨドコウ迎賓館は、大正7年に巨匠フランク・ロイド・ライトによって建設されました。

元々は酒屋・櫻正宗八代当主山邑太左衛門の別邸として建てられましたが、株式会社淀川製鋼所の社長が1947年に建物を購入し、1989年から一般公開されています。

近代建築の美学が詰まった構造や装飾は鉄筋コンクリート製の建物として、初めて重要文化財に指定されました。

施設名 ヨドコウ迎賓館
住所 〒659-0096
兵庫県芦屋市山手町3-10
開館日 毎週水・土・日曜日と祝日
開館時間 10時~16時(入館は15時30分まで)
入館料 大人:500円
小中高生:200円
シニア(65歳以上):400円
障がい者手帳をお持ちの方:300円(付き添い1名まで300円)

1-2.芦屋市谷崎潤一郎記念館

芦屋市谷崎潤一郎記念館は、『痴人の愛』『細雪』 明治・大正・昭和を生き、近代日本を代表する文豪の1人である谷崎潤一郎の記念館です。

欧米文化と日本の文化を深く愛した谷崎潤一郎に関する資料を展示するため、1988年に開館しました。

記念館のデザインは谷崎が後年愛した数寄屋風の邸宅と庭園です。

玄関の横にある大きな石は谷崎が東灘区に住んでいた時の庭石で、内部にも本人が使用していた机・硯などが展示されています。

※ 2022年7月25日~2023年3月31日まで機械設備修理工事のため休館中

施設名 芦屋市谷崎潤一郎記念館
住所 〒659-0052兵庫県芦屋市伊勢町12-15
開館日 日~土(休館日:月曜日、年末年始、展示入れ替え時)
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
入館料 一般:300円高校生/大学生:200円中学生以下無料

1-3.滴翠美術館

滴翠美術館は、山口銀行などを有した山口財閥の4代目当主山口吉郎兵衛の邸宅を一部を利用した美術館です。

滴翠(てきすい)とは山口吉郎兵衛の雅号です。

設計は昭和初期の関西モダニズム建築を代表する安井武雄が手掛けました。

陶磁器や人形、かるたなど山口吉郎兵衛氏が収集した貴重なコレクションが展示されています。

さらに水曜~日曜には陶芸教室(要予約)も開催されており、名建築の中で陶芸が楽しめます。

施設名 滴翠美術館
住所 〒659-0082
芦屋市山芦屋町13-3
開館日 日~土(休館日:月曜日、年末年始、夏季)
開館時間 10時~16時(入館は15時30分まで)
入館料 一般:630円高校生/大学生:420円中学生以下無料

1-4.詩人・富田砕花旧居

詩人・富田砕花旧居は、明治生まれの詩人富田砕花が住んだ邸宅です。

かつてあった10部屋もの屋敷は、第二次世界大戦中にアメリカの空爆により消失してしまいました。

富田砕花は「明星」で短歌を発表後、民衆詩人として詩作や海外作家の詩の翻訳を手掛けました。特に兵庫県との縁が深く、50以上の校歌や市町歌を作詞し、兵庫県文化の父として地元の人々から愛されています。

詩人・富田砕花旧居は元々谷崎潤一郎が住んでおり、小説『猫と庄造と二人のをんな』の舞台になった場所でもあります。

偉大な文豪と詩人が愛した邸宅と美しい庭園を間近で見ることができる人気のスポットです。

施設名 詩人・富田砕花旧居
住所 〒659-0063兵庫県芦屋市宮川町4番12号
開館日 毎週日・水曜日(お盆期間と年末年始は休み)
開館時間 10時~16時(入館は15時30分まで)
入館料 無料

2.芦屋で人気の自然観光

芦屋は歴史ある土地柄であることと、高級住宅街として景観を保護していることから自然豊かなエリアでもあります。

自然スポットはたくさんありますが、こちらでは芦屋を訪れたらぜひ楽しんでいただきたい4箇所について見どころと一緒に解説していきたいと思います。

2-1.芦屋川湖畔の桜並木

芦屋市の真ん中を、六甲山から芦屋浜へと流れる芦屋川。

国道2号線業平橋から開森橋までの区間は桜並木が有名です。

250本の桜の木が植えられ、見ごろを迎える4月ごろには川沿いに屋台が立ち並び、多くの人が訪れ短い花の盛りを楽しんでいます。

場所 〒659-0071 兵庫県芦屋市前田町1
見ごろ 4月ごろ
アクセス 芦屋川駅から歩いてすぐ

2-2.荒地山

荒地山は標高549ⅿと小さな山ですが、でこぼこした岩が有名です。

ロッククライミングやボルダリングの練習に使う人も多く、天然のクライミングウォールが楽しめます。

山道は舗装されているので、ちょっとした散歩にもおすすめです。

場所 〒659-0002 兵庫県芦屋市奥山
見どころ 方状の花崗岩
最寄駅 芦屋川駅または甲南山手駅

2-3.高座の滝

高座の滝は六甲山の登山口にある10ⅿほどの滝です。

かつては修験道の道場であった名残から、堂宇や護摩堂が現在でも残っています。

滝行をする人もいるようです。

場所 〒659-0002 兵庫県芦屋市奥山
見どころ 夫婦滝
最寄駅 芦屋川駅

2-4.奥池

奥池は六甲山中腹にある池です。

周辺にはロッジや広場、テニスコートがあり、休日はバーベキューやアウトドアを楽しむ人たちで賑わっています。

敷地内には、近現代の中国美術品が展示されているエンバ中国近代美術館もあります。

場所 〒659-0004 兵庫県芦屋市奥池南町
見どころ 池と周辺施設
最寄駅 芦屋川駅

2-5.会下山遺跡

会下山遺跡は、芦屋市三条町会下山にある弥生時代の集落跡で国指定史跡に指定されています。

竪穴式住居の跡が9棟分、火たき場、祭り場、墓跡などが見つかっており、器や矢じりなど当時の様々な道具も出土しています。

見はらしの良い場所にある集落のことを「高地性集落」と呼び、会下山遺跡はその代表的な存在として学術的にも貴重な遺跡です。

ちなみにこの会下山遺跡が発見されたのは1956年のことで、なんと発見者は中学生だったこともニュースになりました。

場所 〒659-0087兵庫県芦屋市三条町
見どころ 集落跡や復刻された高床式倉庫
最寄駅 阪急バス 開森橋

3.芦屋の人気グルメスポット

芦屋は有名な飲食店や、クオリティの高い個人店が集うグルメタウンでもあるのです。

芦屋を代表する有名スイーツ店から、ミシュラン獲得点まで地元の人気店を厳選してご紹介していきます。

3-1.アンリ・シャルパンティエ

デパート、百貨店を中心に全国に展開しているパティスリー&カフェのアンリ・シャルパンティエ。

本店は芦屋市にあります。

芦屋駅から徒歩2分の場所に位置し、ケーキや洋菓子の販売以外にも併設されたサロンでカフェや軽食も楽しめます。

店名 アンリ・シャルパンティエ 芦屋本店
住所 〒659-0065
兵庫県芦屋市公光町7-10-101
ジャンル パティスリー/カフェ
営業時間/店休日 11時~10時(クリスマスはカフェ休業)

3-2.METZGEREI KUSUDA

メツゲライ クスダはウインナーやハムなど、加工肉をメインに取り扱っているデリカデッセンです。

楠田シェフはハム職人の父のもと生まれ、ドイツとフランスで修業し帰国後にメツゲライ クスダをオープン。

芦屋店は2009年に開店してから現在まで高い人気があります。店内では肉料理とワインが楽しめます。

店名 METZGEREI KUSUDA 芦屋店
住所 〒659-0062兵庫県芦屋市宮塚町12−19
ジャンル 加工肉、ビストロ、惣菜
営業時間/店休日 デリカ:10時~18時イートイン:11時~17時(15時30分ラストオーダー)定休日:毎週水曜、第3火曜日

3-3.京料理 たか木

京料理 たか木はミシュランで2つ星を獲得した京料理店。

季節ごとに内容が変わる京都の食材を使用した繊細な和食にはファンが多く、リピーターも続出しています。

完全予約制なので、気になる方はお早めのお問い合わせをおすすめします。

店名

京料理 たか木

住所

〒659-0092

兵庫県芦屋市大原町12-8

ジャンル

和食

営業時間/店休日

ランチ:12時~15時(ラストオーダー13時30分)

ディナー:18時~22時(ラストオーダー20時)

3-4.芦屋フレンチ北じま

ミシュランガイドで1つ星を獲得した人気のフレンチレストランです。

北島シェフは名店アランシャペルでスーシェフを担当したベテラン。素材の新鮮さを活かしたメニューと、美しい盛り付けが高い評価を得ています。

コースの他にアラカルトでの利用も可能です。

店名

芦屋フレンチ北じま 

住所

〒659-0095

芦屋市東芦屋町2-14 エクセレント芦屋1F

ジャンル

フレンチ

営業時間/店休日

ランチ:11時45分~14時

ディナー:17時30分~20時(短縮営業中)

定休日:毎週月曜、第3火曜日

4.芦屋でお買い物するならココ!

芦屋は都心のように大型の商業ビルはありませんが、駅ビルのモンテメールのリニューアルオープンによって日用品や雑貨も買いやすくなりました。

駅から少し離れると、他のエリアでは中々みることができないユニークなお店もあり、独自のスタイルが支持を集めています。

4-1.大丸 芦屋店

JR芦屋駅直結の商業施設モンテメールの、地下1階~2階までが大丸芦屋店です。

大丸神戸店の分店のため他の大丸よりもコンパクトですが、食品・惣菜・スイーツ・コスメ・アパレルは各店舗人気のブランドが揃っています。

店名 大丸 芦屋店
住所 〒659-0093芦屋市船戸町1-31
ジャンル デパート
営業時間/店休日 10時~20時元旦は休業

4-2.モンテメール

モンテメールは1980年にJR芦屋駅の駅ビルとして開業。40年後の2020年3月に全館リニューアルしたことでも話題になりました。

家電量販店からおしゃれな生活雑貨、レストランなど数多くのテナントが入っています。

西館の5階、6階には整形外科、内科、眼科、皮膚科などクリニックも多く入っているので、体調が良くない時や気になる点がある時なども安心。

店名 モンテメール
住所 〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町1-31
ジャンル 商業ビル
営業時間/店休日 10時~18時

4-3.月光百貨店

月光百貨店は夜をテーマにした古書やアート作品などを取り扱っているお店です。

店主は造形作家、文筆家でもある星野時環さん。

店舗の外装はツタでおおわれていて、おとぎ話や映画のような世界観です。

稲垣足穂など幻想的な世界観を得意とした作家たちの作品が、ひとつひとつ厳選して店頭に並べられています。

以前は月末1週間のみですが、現在はアーティストの作品展の会期に合わせて開店しているそうです。

店名 月光百貨店
住所 〒659-0067兵庫県芦屋市茶屋之町12−2
ジャンル アート/古書/雑貨のセレクトショップ
営業時間/店休日 14時~20時企画展会期ごとに営業

4-4.nico*nina

nico*ninaは阪急芦屋川駅から歩いて5分、JR芦屋駅から歩いて7分の所にある子供服ショップです。

着心地がよくおしゃれ、なおかつタイムレスなデザインは地元の人を中心に愛されています。

ギフト包装もしてくれるので、プレゼントにもおすすめです。

店内はプレイスペースとおむつ替えスペースがあり、小さなお子様とご一緒でもゆっくりとお買い物が楽しめます。

店名 nico*nina
住所 〒659-0094兵庫県芦屋市松ノ内町3−9-1階
ジャンル 子供服
営業時間/店休日 11時~18時(祝日は13時30分開店)定休日:月・火曜日

5.ミミロッコはJR芦屋駅から徒歩1分で観光も楽しめる

芦屋の人気スポットを満喫したい!という方におすすめなのが、サービスアパートメントのミミロッコです。

JR芦屋駅から徒歩1分という立地なので、観光やお買い物スポットへのアクセスがしやすく利便性も高いことが理由のひとつ。

大丸百貨店や駅ビルも徒歩ですぐ行けますし、芦屋や周辺の観光を楽しんだ後も駅からすぐに帰ってゆっくりお休みいただけます。

お部屋は全て内装や作りが異なりますが、たっぷりとスペースを使って広々とした空間作りを行っております。

ミミロッコのルームプランはこちら

一般的なホテルだとスペースが限られているため、ベッドの上で過ごすことが多くなりがちですよね。

ミミロッコはリビングを広く作りソファやインテリアの細部までこだわっております。

観光やアウトドアから帰った後もゆったりとした気分でお過ごしいただけます。

5-1.経験豊富なコンシェルジュならではの提案も

ミミロッコには経験豊富なコンシェルジュが常駐しており、様々な面でサポートいたします。

芦屋や周辺エリアについて詳しく知りたい時や、サービスをお探しの時はぜひお気軽にフロントまでお声掛けくださいませ。

有名な観光スポットから、地元の人々に愛される名店までニーズに合わせてご案内いたします。

コンシェルジュは英語にも対応しておりますので、海外からの大事なゲストも最高のホスピタリティでお迎えいたします。

ミミロッコの魅力はこちら

5-2.細やかなサービスで自分の時間に専念できる

サービスアパートメントミミロッコでは、ラグジュアリーホテルのように充実したサービスをご入居者様にお届けいたします。

  • 週に2回のルームクリーニング

  • リネン交換

  • コンシェルジュによる宅配便やクリーニングの受け渡し

  • 各種事務手続きのサポート

  • 専用ラウンジでのドリンクサービス

  • 近隣ジムの無料使用

など、快適にお過ごしいただくためのサービスがご利用でき、時間を有効にお使いいただけます。

高級マンションのように広い空間にキッチン等の家事スペースも設けておりますので、自分のペースや気分に合わせたオリジナルの過ごし方を選びたい方に最適です。

ミミロッコのルームプランはこちら

まとめ

芦屋は高級住宅街というイメージが強いので、観光や買い物も楽しめることにギャップを感じた方もいるかもしれません。

今回ご紹介したように芦屋は文学・歴史・自然・美術・文化と関係が深いエリアなので、知れば知るほど面白い町なんです。

観光やワーケーションで滞在するなら、サービスの行き届いたミミロッコがおすすめです。

オンラインで部屋の様子が360°確認できるVR内見も可能なので、気になる方はこちらからご確認くださいませ。