神戸芦屋のサービスアパートメントMIMILOCCO(ミミロッコ)
資料請求・お問合せ English
お電話でのお問合せはマエダ不動産まで
078-858-0810
受付時間 9:30-17:30

ミミロッコMENU

  1. 神戸芦屋のサービスアパートメントMIMILOCCO(ミミロッコ)
  2. >
  3. コラム
  4. >
  5. 高級マンションの審査は条件・ルール・身なりに気を付けよう
お知らせ お知らせ

ミミロッコ

コラム

2022.09.12

高級マンションの審査は条件・ルール・身なりに気を付けよう


高級マンションの入居審査は、普通の賃貸物件よりも条件が厳しかったり、物件独自のルールがあったりします。
経済的な面はもちろん、物件の品格やブランド力を保持できるか?という点も重視されるので、審査申し込みをする前に重要なポイントを押えておきましょう。

本コラムでは、
・高級マンションの入居審査基準
・高級マンションにありがちな独自ルール
・高級マンションの審査対策
について解説します。

1.高級マンションの入居審査で重視される3つのポイント

高級マンションの入居審査では特別な審査基準を設けるというよりは、一般的な物件契約時の条件がより高い水準かつ厳格に求められることが多いようです。

高級マンションの審査時に重視されるポイント3つについて、それぞれ見ていきましょう。

1-1.ローンや賃料を払える経済力

高級マンションは賃貸でも分譲でも、月々の支払いが高額になります。
そのため、初期費用や毎月の支払いを滞りなく行えるか否かはとても重要なファクターとなります。
物件にもよりますが、職種や役職ごとに重視される経済力の審査ポイントについてまとめました。

・会社経営/役員
→実店舗、事務所、営業実態や実績の分かる公式サイトがあるか
債務超過していないか
会社の純利益が連続でプラスか
決算書を提出している
本人の預金が賃料またはローンを複数年支払えるだけあるか

・自営業
→実店舗、事務所、営業実態や実績の分かる公式サイトがあるか
本人の預金が賃料またはローンを複数年支払えるだけあるか

・会社員
→物件にあった年収があるか
家賃補助があるか

・接客を要するサービス業
→在籍会社が分かるか
賃料またはローンを複数年支払えるだけあるか

1-2.マンションのルールを順守するか

高級マンションには、独自のルールを設けられていることが少なくありません。
ルールの内容は高級物件によくある景観を守るための規則だったり、過去のトラブルを踏まえた物件独自のものだったりします。

その内容をきちんと守れるか、または不動産会社や大家さんがルールを守れる人と判断するかはチェックされます。

1-3.物件の価値を貶める行動をしないか

いくらお金があると言っても、その物件のブランド力や価値を貶めるような行為をする人を入居させるのは長い目で見ると入居者が減って物件として損失になります。

人となり、話し方、TPOに合わせた服装ができるか、などが内覧の時などに重視されるので記事終盤でご紹介するポイントを意識してみてください。

2.高級マンションは物件ごとにルールがあるので事前確認必須


高級マンションには、物件としての魅力を保つためのルールがあります。
ルールを守らないと管理組合や管理会社から注意されることも。

また、あまりに独自のルールが有りすぎると窮屈に感じる人もいるようです。
自分がのびのびと暮らせるかは物件のスペックだけではなく、ルールによっても左右されることがあるので事前によく確認しましょう。

こちらでは、高級マンションのよくあるルールから、実在する珍ルールまでをご紹介します。

2-1.洗濯物をベランダに干せない

これは高級物件にはよくあるルールです。
高級住宅街では、景観を守るためにベランダや庭のよく見えるところで洗濯物を干さないように指導するところも多いです。

洗濯物を干す=生活感が出すぎて物件の魅力が損なわれる。というイメージなのでしょう。
マンションによっては、外から見えない中庭方面なら洗濯物を干しても良いという物件もありますし、全面的に禁止しているところもあります。

2-2.部外者の立ち入り禁止

友人・知人であっても、契約した世帯以外の立ち入りを禁止しているマンションもあります。
おそらく、
・セキュリティ
・騒音
・マンション内でのトラブル
を防ぐためのルールのようです。

友人を招いて管理組合から宿泊料を請求されたというエピソードもあるので、ホームパーティをしたり、友人を招くのがお好きな方はご注意ください。

また、デリバリー配達員にも身分証の提示や携帯番号の確認などさせるところもあるようです。

2-3.台車を使ったエレベーター乗車禁止

少なくない数の高級マンションやタワーマンションでは、台車を禁止するルールがあります。
その理由としては、
・入居者からの要望
・ロビーの床が傷つく
・運搬の際にエレベーターなどにぶつける
などがあります。

高級マンションは入居者用のロビーやエレベーターなどは大理石や鏡面仕上げなど、高級な素材を使っていることが多く、傷つくと高額な修繕費がかかってしまいます。

台車禁止のマンションで宅配を利用する場合、
・宅配ボックスを利用する
・手で持ってきてもらう
・業者専用の入り口&エレベーターを使う
・ロビーで受け渡しをする
などの方法を取らなければなりません。

引越し作業をする際には、業者による台車の搬入や大型家具・家電の運搬が必要です。
スムーズに入居できるように、必ず引越し前に台車や業者の扱いについてご確認ください。

3.高級マンションの入居審査に必要な物


高級マンションの入居審査には、入居者本人と保証人で必要なものが異なります。
なお、物件によって内容が異なる可能性がありますので目安としてお考え下さい。

3-1.申し込み者本人

申込者本人が申請の際に必要なのは、以下のアイテムです。
・住民票(マイナンバー不要)
・健康保険証の写し
・パスポートか運転免許証の写し
・印鑑証明書
・収入証明書(源泉徴収票、納税証明書など)
・勤務先の会社についての書類(会社経歴書・概要書など事業内容が分かるもの)

印鑑証明書は不要な物件もありますが、傾向として高級マンションは認印ではなく実印での捺印が求められます。
個人ではなく法人で契約する場合は、決算書のコピーが必要です。

3-2.保証人

連帯保証人の場合は、基本的に入居者と同じ書類が必要です。
入居者になにかがあった場合、保証人が変わりに賃料等を支払わなければならないので支払い能力や資産状況が重視されるためです。

保証人を立てることが難しい場合は、賃貸保証会社を利用しましょう。
保証会社によっては得意な物件のジャンルが異なる可能性もあるので、高級マンションや高級物件に強い保証会社を調べて利用するのがおすすめです。

4.高級マンションの内見や審査申し込みの時に気を付けたいこと


高級マンションの内見は、申込者本人が物件の詳細を確認するだけでなく、不動産会社や管理側から「この物件にふさわしい人かどうか」を見極められる場でもあります。

信頼に足りえる人物であることをアピールするために、以下からご紹介する2つのポイントに気を配る必要があるので、内見や各種申込時には気をつけてください。

4-1.服装

高級マンションの審査において、服装は大切なファクターです。
といってもスーツで内見する必要はなく、カジュアルフォーマル~オフィスカジュアルくらいの服装を目安にすると良いでしょう。

男性の場合は、
・シャツ
・ジャケット
・キレイ目なパンツ
・綺麗な革靴
を意識すると良いでしょう。

ブランドのランクによって対応を変えられるというよりは、清潔感があってきちんとしているか?という点を見られるようです。

真夏でシャツやジャケットを着るのが不自然な場合は、半袖のシャツやフォーマルなブランドのポロシャツなどを着用するのもおすすめです。

女性の場合は、
・ジャケット
・カチっとしたワンピース
・ヒールかフォーマルな革靴
・キレイ目なセットアップ
などのアイテムが適しています。

ヒール部分やつまさきが剥がれていないかよく確認しましょう。ヒールで歩くのが苦手な場合は、きれいなシルエットのレザーシューズやバレエシューズなどがフォーマルなファッションにもマッチします。

4-2.話し方

不動産会社の営業の方は、管理会社や大家さんに入居希望者の特徴を伝える大切な役目を持っています。
当然ですが、乱暴な言葉づかいをしたり、使い走りのような口の聞き方をするのは避けましょう。

無理にへりくだる必要もありませんが、最低限の礼儀は持っている状態が望ましいです。
・敬語
・お礼
・謝罪(何かあった場合)
上記3つは会話の上で意識してください。

5.高級マンションをお探しの方におすすめなサービスアパートメント


高級マンションをお探しの方におすすめしたいのが、『サービスアパートメント』という選択肢です。
ミミロッコは日本有数の高級住宅街を有する神戸・芦屋駅から歩いて1分の場所にあるサービスアパートメントです。

1LDK~3LDKから間取りを選ぶことができ、部屋ごとにバーカウンター付やバリアフリーなどテーマや設備が異なります。
詳しいお部屋情報はこちら

賃料には、
・水道光熱費
・インターネット回線
・新聞
・NHK/JCOM視聴料
・提携ジム
・「セントラルスポーツ」利用料
が含まれております。

お部屋によってはジャグジーバスや広々としたテラスがあり、高級マンションのように優雅な日常を過ごしながらも、ホテルのように充実した設備やサービスが楽しめます。

フロントにはコンシェルジュが常駐しており生活に関するトピックのサポートはもちろん、ちょっとした相談も常時受け付けております。
ミミロッコの魅力はこちら

まとめ

高級マンションの審査は一般的な審査基準に加え、物件独自のルールがある可能性が高いことが分かりました。

もちろん常識的なルールは守らなければなりませんが、物件独自の規則がご自分のライフスタイルや価値観に合っているか、今後長く住む上で無理なく守れそうかは契約前によく確認しなければなりません。

高級マンションの入居審査というと、入居希望者の経済面や職業ばかりにフォーカスされがちですが、入居後の快適な生活をイメージできるか否かも大事な要素ですので、おざなりにせずよく考えてみましょう。

サービス面を重視するなら、サービスアパートメントという選択肢もおすすめです。
神戸・芦屋のミミロッコは施設内の設備はもちろん、隣接するスポーツジムも利用できるなどホテルステイに劣らないサービスがご利用いただけます。

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ。