神戸芦屋のサービスアパートメントMIMILOCCO(ミミロッコ)
資料請求・お問合せ English
お電話でのお問合せはマエダ不動産まで
078-858-0810
受付時間 9:30-17:30

ミミロッコMENU

  1. 神戸芦屋のサービスアパートメントMIMILOCCO(ミミロッコ)
  2. >
  3. コラム
  4. >
  5. 高級賃貸の審査は一般賃貸より厳しい?基準・プロセス・ポイントを解説
お知らせ お知らせ

ミミロッコ

コラム

2022.03.14

高級賃貸の審査は一般賃貸より厳しい?基準・プロセス・ポイントを解説


高級賃貸物件の入居審査は、普通の賃貸と比べて厳しく特別な基準を設けているイメージがあります。
審査を通りやすくするための対策を知りたいという方のために、本記事では高級賃貸の審査基準・入居までの流れ・審査対策を丁寧にご紹介します。

賃貸以外にも高級物件に住めて、手厚いサポートが利用できるサービスアパートメントについてもご紹介しております。
皆様の物件選びの参考になれば幸いです。

 

1.高級賃貸の審査基準

高級賃貸物件の審査基準は、普通の賃貸契約とどのような違いがあるのでしょうか。
審査の際に基準となるポイントごとに詳しく見ていきましょう。

 

1-1.支払い能力

支払い能力=家賃を滞りなく支払えるか、という点は普通の賃貸物件でも審査の対象ですが、高級賃貸はそのハードルが高くなります。

支払い能力を判断するために、
職業
毎月の給与/年収
資産
v
などがチェックされます。

ただし、同じ給与であっても不安定な個人事業主よりも会社員の方が有利な場合が多いです。
最近では珍しいですが、伝統的な土地柄だとお金持ちであっても家柄などで審査が通らないことも稀にあるようです。

 

1-2.信用情報に問題がないか

信用情報とは、個人の支払い能力に関する情報のデータベースです。
信用情報は賃貸契約の他、ローン、スマホ、インターネット、分割払いなどあらゆる契約審査の際に参照されることは知っていても、具体的にどのような内容を扱っているのか分からない方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
Wikipediaでは以下のように説明されています。

”信用情報の内容として、クレジットやローンの契約内容の他、金融事故情報として長期延滞,債務整理,代弁返済,強制解約などの記録が5年程度は残り、個人の信用についての定量的な根拠となる。信用情報に金融事故情報が記載され、ローンやキャッシングについて新しい契約が結べない状態に陥いる事を指して、「ブラックリスト入りした」等と言う。(中略)
信用情報には、個人の属性情報と、クレジットカードや割賦販売 および各種ローン、個人リース(カーリース等)の利用残高と返済履歴が登録されている。具体例は以下のとおり。これに加え、連帯保証人不要プランで賃貸住宅を契約している場合は、賃料の支払・代位弁済履歴と保証会社名が登録される。”
引用元:信用情報 – Wikipedia

つまり、これまで結んだ契約や融資で滞納がないか確認されるということですね。
信用情報のデータは全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構により共有されていますが、機関によって情報の保管期間は異なるようです。

 

1-3.過去迷惑行為をした経歴がないか

過去に住んでいた物件で何かトラブルを起こした経歴がないか、という点も入居時の審査でチェックされる場合があります。

もっとも、管理会社が入居者のトラブルをデータとして不動産会社と共有するということはないようです。
ただし騒音・長期の家賃滞納・又貸しなどのトラブルによって強制退去させられた場合は、その記録が信用情報などに残って審査が通らなくなる可能性があります。

高級賃貸は普通の賃貸物件と比べて騒音や迷惑行為への対処が厳しい所も多く、入居の際に管理会社や大家さんが定めたルールへの同意が必要なことも。
洗濯物を外から見えるように干すなど、普通の賃貸物件では問題にならないことも禁止されていることもあるので不動産会社からの説明や、重要事項説明書をよく確認しましょう。

 

1-4.信頼できる保証人を付けているか

信頼できる保証人を付けているかどうかは、高級賃貸だけではなく賃貸契約全般において重要です。

賃貸契約における保証人とは、保証人と連帯保証人に分けられます。

・保証人
借主に支払い能力がない場合のみ支払いを代行する。
借主に請求をして支払えない状態だと認められてから、保証人に請求が行く仕組みです。

・連帯保証人
借主と同等の義務を負う保証人。
借主が支払いを行わない際、本人の支払い能力に関係なく連帯保証人にも請求が行きます。

高級賃貸の場合は何かあった時の保証人の負担額も大きくなるので、入居者同様に職業や収入が重視されます。

近年では、保証人ではなく保証会社を利用することも増えてきています。

 

2.高級賃貸物件の審査から入居までのステップ

高級賃貸物件の審査から、入居するまでの手順についてステップごとにご紹介します。

 

2-1.申込

契約したい物件が見つかったら、まずは契約条件を確認して申込を行います。
不動産会社・管理会社指定の申込書を記入し、必要書類を添付して提出します。

必要書類は物件によって異なることがありますが、一般的に以下のような書類が求められます。
身分証明書(パスポート/運転免許証など)
住民票
勤務している会社の経歴所
会社概要書
会社の事業内容が分かるもの(会社案内など)
所得証明書
健康保険証

 

2-2.審査

入居審査は10日~2週間ほどかかることが多く、結果が分かり次第担当者から連絡が行きます。
伝えられるのは審査が通ったか否かの結果のみで、審査の経緯や審査内容については答えられません。

保証人を依頼した場合は、この審査の段階で承諾の確認が取られます。

 

2-3.契約手続き

審査が通ったら、賃貸契約に移ります。
契約者・保証人ともに実印を使い、印鑑証明の提出が必要ですので事前に準備しておきましょう。

契約時に契約に必要な費用(敷金・礼金・日割賃料・次月の賃料)の支払いについての案内がされますので、期日(契約開始日)までに支払いましょう。
敷金・礼金は賃料の1~2ヶ月分ですが、物件によって金額や内訳が異なります。

 

2-4.入居

契約開始日に鍵の引き渡しがされるので、引越しできる状態になります。
都合の良い日に入居しましょう。物件側に引越し日時などをあらかじめ伝えておきましょう。

 

3.高級賃貸物件の審査を通りやすくする2つのポイント

高級賃貸物件の審査を通りやすくする大切なポイントを2つご紹介します。

 

3-1.服装や態度に気を付ける

意外な感じがするかもしれませんが、服装や態度も入居審査において重要な要素の1つです。
高級賃貸物件はその物件や土地柄のブランドを守ることを大切にしています。

服装がだらしなかったり、不潔だったりすると、物件の雰囲気にそぐわず風紀や景観を乱すと判断されることも。

フォーマルな恰好をする必要もありませんが、ジャケット着用してスニーカーやサンダルは履かないなど、清潔感がありきちんとした恰好を心がけましょう。

 

3-2.自分と近い人を保証人にする

保証人を立てる場合は、なるべく家族・親族など自分と近い人に依頼しましょう。
関係性が薄いといざという時に支払ってもらえないのではないか、という印象を物件側が持つ可能性もあります。

親族に保証人を依頼するのが難しければ、信頼できる保証会社を利用しましょう。

 

3-3.サービスアパートメントにも賃貸と同じく審査がある

一般的な賃貸物件と、高級ホテルのサービスの良いところが合わさったサービスアパートメント。
賃貸物件と比べてサービス面が充実していることから人気が高いですが、サービスアパートメントも入居の前に審査が必要です。

サービスアパートメントの入居までの流れについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
サービスアパートメントとは何か、知っていますか?

 

4.ミミロッコは高級マンションに住みたい方にもおすすめ

高級マンションや賃貸物件に住みたい方は、サービスアパートメントの利用も大変おすすめです。
芦屋のサービスアパートメント ミミロッコでは、広々とした空間に家具・家電・調理器具など生活に必要なものが揃っており快適にお過ごしいただけます。

常駐コンシェルジュによるサポート
ルームクリーニング・リネン交換
こだわりの家具・家電等設備
ゆったりとした空間

など、高級ホテルのようなラグジュアリーな空間設備でありながら、キッチン・洗濯機の設置など生活しやすさも両立しています。

通常の賃貸物件は2年契約が基本ですが、ミミロッコでは1ヶ月~長期契約までと柔軟な利用ができます。

 

まとめ

高級賃貸の審査は、仕組み自体は一般的なものとあまり変わりがないようですが、高級物件という特性上、そのハードルは高くなってしまいます。

求められるのは家賃を支払い続けられる収入だけではなく、物件の品位を保つ素質や行動など多くあります。
審査をスムーズに進めるためにも本記事でご紹介したポイントを参考に、物件やエリアに合った対策を行いましょう。

ミミロッコでは、部屋ごとに作りやインテリアが異なっています。
VRを使ったリモート内見もご利用いただけますので、お気軽にお問い合わせください。
ミミロッコお問い合わせ
VR内見はこちらから